うるおいたっぷりのハリのあるお肌に!乾燥知らずのお肌になれる保湿クリーム!

アトピー肌に効果ある保湿クリームの選び方

アトピー肌に効果ある保湿クリームの選び方アトピー肌というフレーズは誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

アトピー肌とはどういった状態かご存知でしょうか?

アトピー肌は水分保持力が低くて乾燥しやすい、外部からの異物や刺激の侵入を防ぐバリア機能が低下し炎症を起こしやすい状態になっています。

アトピー性皮膚炎の角質層を見てみると、セラミドという成分が少なくなっています。

私たちの肌はコラーゲンが網目のように張っており、その網目の維持をセラミドが行い、網目の間にヒアルロン酸が入り込んで潤いと弾力を保っています

 

肌のバリア機能は

セラミドを主成分とする細胞間脂質が80パーセント

NMFが18パーセントになっており

皮脂は2パーセント です。

セラミドが不足すると乾燥しやすくなってしまい、刺激や異物に弱い肌になってしまうのです。

そのため低下しているバリア機能を改善するためには保湿クリームなどできちんと保湿をすることが大切です。

 

 

アトピー肌の人に必要な保湿クリームとは何か?

★まず1つ目はバリア機能をあげる為に肌表面をしっかりと保湿して異物や水分の蒸発を防ぐクリームです。

異物や刺激が加わると肌が痒くなってついつい掻き毟ってしまう人も居るのではないでしょうか?

まずアトピー肌に必要なのは肌表面の保湿です

肌表面をしっかりとコーティングするように保湿をすれば、水分の蒸発や異物の侵入を防ぎます。
このコーティングに効果を発揮するのはワセリンです。

 

★2つ目は肌の水分を保有する保湿剤です。

アミノ酸やグリセリン、尿素が入った保湿剤です。

外気の水分を吸着して保湿をします。

ただし尿素は刺激が強いので顔には不向きです。
特に傷や目に入らないようにしましょう。

またコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン三は水分を吸着して高い保湿力を発揮します。
他にも水分を挟みこんで保持する保湿剤もあります。

代表的なものはセラミドやスフィンゴ脂質、リピジュアなどがあります。
アトピー性皮膚炎はセラミドが少ないのでセラミドを補給することで症状を緩和することが出来ます。

セラミドを選ぶ際、人間の皮膚のセラミドと同様の構造をした

天然セラミド」か「ヒト型セラミド」のどちらかを選ぶようにしましょう。

化粧品を選ぶ際、中には石油系成分や香料に着色料など肌にとって刺激の強い成分が配合されています。

これらの成分は炎症やかゆみの原因になってしまうので、低刺激でこれらの保存料や石油系成分と言った刺激物が少ない物を選択しましょう

 

 

ターンオーバーを正常化させることもポイント

セラミドは角質層がターンオーバーする過程で生成される成分です。

そのためお肌がセラミド量を増やすにはこのターンオーバーをまずは正常化させることがポイントです。

ターンオーバーはストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れに過度の洗顔などで簡単に乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れる生活は避けて

正しい洗顔としっかりとした保湿

栄養バランスのいい食事と適度な運動に十分な睡眠時間の確保 が大切です。

 

化粧品に頼らず身体の内側から体質改善を行っていきましょう。
アトピー性皮膚炎の原因は人によっても異なっていきます。

 

◆新しい化粧品を使用する際

パッチテストを行いましょう

パッチテストは腕の内側や首などの皮膚の薄い所に使用します。
5日間連続で塗って異常がなければ顔に塗ってみましょう。

皮膚科へ受診すればアトピー肌専用の化粧品を紹介してくれます。
市販の化粧品は刺激が強いという人は一度相談するといいでしょう。

 

朝晩2回セラミド入り保湿クリームでしっかり保湿することで症状も緩和されます

 

ターンオーバーをきちんと整え、辛い痒みを抑えていきましょう