うるおいたっぷりのハリのあるお肌に!乾燥知らずのお肌になれる保湿クリーム!

保湿クリームで美白は実現できる?

保湿クリームで美白は実現できる?

多くの女性が憧れている透明肌。
色が白くて淀みもない肌のことを言い、こんな肌になりたいと多くの女性が美白対策を行っています。
化粧品やサプリに食生活など様々な事を気を使っている女性は多いです。
この時期美白も気を付けたいのですが、同時に乾燥についても気になる人は居るでしょう。
肌が乾燥すると肌代謝も低下してしまい、くすみの原因にもなってしまいます。
この時期気になる乾燥と、美白ケアは同時に出来るのでしょうか?

 

 

美白成分の入っている保湿クリームで美白は実現できます

〇美白成分

美白成分の入っている商品は化粧水に乳液、美容液にボディクリームなど様々な商品に含まれています。

主に美白成分として有名なのはビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCが肌に吸収しやすくする働きがあり、メラニンの生成を抑えたり出来てしまったシミを薄くする働きがあります。
他にも美白ケアでメジャーな成分はアルブチンやm-トラネキサム酸、4-メトキシサリチル酸カリウム塩です。
この成分が含まれているものは、美白効果も非常に高いと言えます。

 

〇日焼け・保湿

冬は夏と比べて紫外線のレベルも弱い為、日焼けをしないと思われがちですが間違いです。
実は冬でもしっかりケアをしなければシミやそばかすに日焼けの原因になってしまいます。
特にスキーへ行く人は雪焼けといい照り返しが原因で日焼けやシミにそばかすの原因となってしまいます。
そのため冬でも紫外線対策や美白ケアは欠かしてはいけません。

また、冬は空気中の水分量も低下しています。
空気が乾燥していると肌も乾燥しやすく、保湿ケアも大切です。

 

〇美白も保湿もしたい!

美白もしたい、でも保湿も気を付けたい。
こんなわがままを叶えてくれるクリームはあるのでしょうか。
安心してください、冬になると乾燥も美白も両方叶えてくれる商品が続々と出てきます。
それなら美白重視の商品を選べばいいのではと考えてしまう人も居ますが、商品によっては保湿成分が少ない物もあり、美白効果は優れているがさっぱりしすぎて肌が突っ張ってしまうこともあります。
そのため、保湿成分がしっかり入っているクリームは必要です。

コラーゲンやヒアルロン酸など肌の潤いや弾力を保つ成分が入っていることで、乾燥する冬もふっくらとした肌を保つことが出来るからです。
化粧水を付けたら必ずクリームをつけましょう。
こうすることでクリームが蓋の代わりをしてくれ、肌の水分が蒸発する事を防いでくれるからです。

 

保湿クリームで美白も保湿も両方手に入れましょう

白玉のような白くてふっくらとした肌は多くの女性の憧れです。
少しでも近づくために毎日欠かさずケアをしている人も多いでしょう。
冬は空気が乾燥しているため、外に出ると肌の水分を一気に奪われてしまいます。
そのため美白だけではなく乾燥対策もきちんと行う必要があります。

乾燥対策をしないと肌のバリア機能も低下してしまい、外部からの刺激に敏感になってしまいます。
そうなると、かゆみや炎症が起こりやすくなってしまいます。
乾燥対策をきちんと行う事で失われたバリア機能を回復させ肌の新陳代謝を回復させます。

ここで気を付けたいのは、バリア機能が低下した肌は非常に敏感です。
今まで使っていたクリームでもかゆみや炎症の原因となってしまう事もあります。
肌が乾燥してかゆみが出てしまった場合は、敏感肌用の化粧品に切り替えて肌のバリア機能の回復を行いましょう。
美白も保湿も1日では叶えることはできません。
毎日コツコツ続けることで徐々に効果を表します。
他にも紫外線対策を行うことで、保湿や美白ケアの効果を高めることができるため、並行して紫外線対策も忘れずにおこないましょう。