うるおいたっぷりのハリのあるお肌に!乾燥知らずのお肌になれる保湿クリーム!

乾燥肌の方に保湿クリームがおすすめ

乾燥肌の方に保湿クリームがおすすめ

 

冬の時期は気温も低下し、外での活動も億劫だという人も居るでしょう。
そして空気も乾燥してしまうため、お肌もいつも以上に乾燥して保湿対策は欠かせないという人も増えています。
お店を覗けば、たくさんの保湿商品が売られており、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。
保湿クリームはどれも同じと考えている人も居るかもしれません。
しかし敏感肌の人こそ、自分にあるクリーム選びは重要です。

 

 

乾燥肌の為の保湿クリームの選び方

乾燥肌とは、肌本来が持っている水分や油分が少なくなってしまい、肌本来がもっているバリア機能が低下してしまっている状態を言います。
このバリア機能が低下してしまうと肌の潤いも失われるだけではなく肌のターンオーバーまでも乱れてしまいます。
このバリア機能もターンオーバーも乱れてしまうと肌荒れやニキビなど様々な肌トラブルに繋がってしまうのです。

〇しっかりと保湿をしよう

この皮脂が低下してしまっている状態を改善しようと、皮脂を過剰分泌させてしまいます。
これがインナードライと言われています。
インナードライは肌表面、主にTゾーンはテカっているのに頬だけが乾燥しているなど乾燥している部分とテカっている部分が混合している肌です。
この状態を打破するためには、しっかりと保湿ケアをすることが大切です。

肌がテカっている人ほど保湿ケアを怠っている人がいますが、肌のテカりが気になる人こそ、しっかりと保湿をして皮脂の分泌をコントロールすることが大切です。
乾燥してしまう原因はたくさんあり、加齢や元々肌が乾燥しやすい体質・女性ホルモンの乱れや食生活などライフスタイル・間違ったスキンケアや合わないファンデーションによる乾燥です。
もちろん空気が乾燥しているなど外部刺激もあります。

 

〇乾燥肌に必要な成分

乾燥肌の必要なのは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸やプロテオグリカンです。
これらの成分はエイジングケアとしても注目されている成分で、減少するとたるみやしわの原因になってしまいます。
肌が乾燥するとしわやたるみの原因になってしまうため、これらの成分が含まれたものを選ぶといいでしょう。
特にヒアルロン酸やプロテオグリカンは肌のうるおいを保持するのに必要な成分です。
乾燥肌の人には特に注目してほしい成分です。

 

〇スキンケアの手順

また保湿クリームを有効に使うためにはスキンケアの手順が重要です。
保湿クリームは油分の割合が多い為、肌の内部まで浸透しにくいのです。
乾燥肌こそ肌の内部の潤いを与える必要があるため、ここで救世主となるのは化粧水です。
化粧水はほとんど水分なので、肌への浸透力は高いです。
保湿クリームでは浸透しきれない成分も、化粧水なら補うことができる為、保湿クリームを使用する前は化粧水を忘れずにつけるようにしましょう。

 

ケアの仕方で乾燥肌は改善できます

毎年冬は肌が乾燥して悩んでいるという人も、肌のお手入れ次第で肌質は改善することが出来ます。
薬のように即効性があるわけではないため、毎日朝と夜にたっぷりと保湿ケアを行う事で徐々に肌内部が水分で満たされるため、インナードライや肌表面のテカリも改善されていきます。
また、普段からストレスを溜めない生活やバランスのいい食事内容、十分な睡眠時間の確保など生活面も改めることも肌質改善につながります。

体が潤い不足だとその影響は肌にも現れます。
適度に水分補給を行い、身体の内部から水分で満たされるように心がけましょう。
朝はどうしても忙しくてスキンケアに費やす時間がないという人は、パックをするだけでも潤いをしっかりため込むことが出来るので、工夫次第で限られた時間でしっかりと潤い補給が出来るので色々試してみましょう。