うるおいたっぷりのハリのあるお肌に!乾燥知らずのお肌になれる保湿クリーム!

保湿クリームとオイル、メリットとデメリット

普段何気なく使用している保湿クリームやオイルですが、その違いを知らず肌に良いからと、ただなんとなく使用している人も多いのではないでしょうか。

では実際この二つにはどの様な違いがあるのか、またそれぞれ使用する上でのメリットとデメリットにはどの様なことがあるのか、詳しく紹介します。

 

クリームでしっかり保湿して乾燥を予防しよう

お風呂上がりなど肌の乾燥が気になる場合、肌に保湿クリームやオイルを使用する人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はこの二つには違いがいくつかあり、それぞれメリットとデメリットがあります。

ではその違いとはどの様なものなのでしょうか。

まず保湿クリームですが、こちらは水分と油分が混ぜられて作られておりしっとり濃厚なものが多くなっています。

保湿効果が大変高くたっぷり肌に塗ることで肌の乾燥を防いでくれます。

また、使われている成分も肌の保湿効果の高いコラーゲンやヒアルロン酸など使われている物が多く、クリームでしっかり肌に蓋をして水分を逃さず潤いの肌を作ることが出来るのがメリットです。

デメリットとしては塗る際にあまり強く擦りすぎてしまうと肌を逆に痛めてしまうこともあるので、クリームを指に乗せて優しくマッサージをする様に塗ることをおすすめします。

そうすることで乾燥から肌を守り肌トラブルを回避してくれるので、ぜひ上手に利用しましょう。

 

オイルは滑らかに伸びて肌をしっかり守ってくれる

ではオイルの方はどうでしょうか。

こちらは水分を使わず、油分だけで作られている物であり、肌にしっかり膜をつくり保湿に大変優れています。

天然素材の物も多く販売されており、肌に優しくなっています。

また、伸びが大変良いので少し塗っただけでしっとり肌に膜ができ潤い効果を高めてくれるでしょう。

植物ベースの物など天然の肌に良い成分をたっぷり使用している物も多く敏感肌の人にもおすすめの物が多くなっています。

ただし、デメリットとしては量を多くつけすぎてしまうと使用後の手や肌がべたついてしまう場合もあるでしょう。

多く使用すれば良いという訳ではないので適量を守り上手に使用することが大切です。

 

上手に使用して美しい肌をつくろう

肌の乾燥をしっかりと防ぐことで、肌荒れを防いだりしわなど出来にくくする効果があります。

また、保湿をする際はお風呂上りなど、水分が蒸発し乾燥しやすいタイミングしっかり行うと、しっかり水分を閉じ込め潤いを維持することが出来るでしょう。

どちらのタイプであっても塗る際にごしごし擦ってしまうと摩擦で余計に肌を傷つけてしまうことになってしまうので、塗る際は優しく肌に塗ることをおすすめします。

そして、入浴後すぐに塗るのではなく化粧水などで肌を整え、水分をたっぷりと与えてから使用するとさらに肌の潤い効果を高めることが出来るでしょう。

肌をしっかり保湿することできめ細やかな肌をつくることができ、化粧のノリも違ってきます。

自分の肌のタイプによっても合う物が異なるので、ぜひ一番に肌に合う物を使用する様にしましょう。

毎日のスキンケアを丁寧に行うことで、10年後、20年後の肌が違ってきます。

その中でも保湿はとても大切なことであり、肌のキメにも関係してくる部分なので選ぶ際は使われている成分などにも注目して選びましょう。

また、中には乳化剤など使っている物もありますが、この様な添加物が肌の刺激を与えてしまう場合もあるので、あまり添加物が含まれていないシンプルな物を選ぶことをおすすめします。

 

どちらの保湿のタイプもメリットとデメリットがあります。

自分の肌に合ったものを使用することで肌の乾燥を防ぎ、きれいな肌を維持することが出来るでしょう。

若々しいハリのある肌をつくる為にも保湿は欠かせませんので、ぜひ普段からしっかり肌を守りましょう。

サイト内検索