うるおいたっぷりのハリのあるお肌に!乾燥知らずのお肌になれる保湿クリーム!

オイリー肌の方にも保湿クリームは効果的?

オイリー肌の方にも保湿クリームは効果的?

オイリー肌というワードを聞いたことがありますか?
オイリー肌とは皮脂の分泌が過剰になった状態で、見た目も肌がテカっていたりべたべたしてファンデーションが崩れやすく悩んでいるという女性もいます。
ところでオイリー肌の方は正しいスキンケアが出来ていますか?

肌のべたつきが気になって保湿ケアを怠っていませんか?
実はオイリー肌の人こそ保湿が大切だったんです。

 

 

皮脂が過剰分泌される原因は○○なんです

オイリー肌の場合、どうしても保湿ケアをするとその後の肌がべた付いて、ついつい手を抜くか保湿はしないという人がいます。
その後ファンデーションもなんだか崩れそうということで、むしろ保湿よりテカりケアを入念に行っている人がいますが、実は間違ったスキンケアです。
テカりを気にする人こそ大切なのは保湿です。

 

◆皮脂が分泌される原因は「肌の乾燥」

皮脂が分泌される原因はなんと「肌の乾燥」が原因です。
私たちの肌は水分を保ち、外部刺激から守る「バリア機能」が働いています。
このバリア機能は肌が乾燥することで低下してしまうため、きちんと肌の保湿対策をする必要があります。
乾燥することでなぜ皮脂が過剰に分泌されてしまうのか。
オイリー肌の人は自分は皮脂が人よりも分泌されているし乾燥はしていないと勘違いをしてしまいます。

しかし肌の表面はオイリーでも、肌の内部は乾燥している「インナードライ」状態の人が多いです。
インナードライ肌は乾燥性脂性肌と言われ、皮膚の内側が乾燥していることで肌は乾燥から身を守るためにどんどん皮脂を分泌してしまいます。
これが皮脂が過剰分泌してしまう原因なのです。
つまり肌表面は潤っていても内部は乾燥しているため保湿ケアをしなくていいという考えは間違っているのです。

 

◆保湿クリームでのケアは効果的!!

そんな乾燥性脂性肌の方にこそ、保湿クリームでのケアは効果があります。
スキンケアの順番としてまずは保湿効果のある化粧水で内側にしっかりと水分を送り込みましょう。
保湿効果の高いパックを使えば、じっくりと肌の内側に水分を届けることが出来ます。
その後乳液や保湿クリームで肌表面から水分が蒸発しないようにしっかりと蓋をしましょう。
化粧水だけでは乾燥してしまうため注意です。

ニキビ肌の人にとっても保湿は重要です。
油分を与えるとニキビが悪化してしまうのではと思われがちですが、確かにニキビは油分があると悪化する可能性があります。
しかし、その油分は乾燥が原因の可能性があるからです。
肌は乾燥から自身を守るために皮脂を分泌しています。
そのためニキビ肌の人はニキビ肌専用の化粧水や乳液でしっかりとケアをすることで皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

 

肌のうるおいこそがオイリー肌改善のポイント

肌がべたべたして悩んでいるという人こそ、今一度自分のスキンケアは正しいか見直してみましょう。
案外保湿ケアが甘かったと気づく場合もあります。
化粧水を手で塗る場合は、手のひらで包み込んで軽く押さえるようにすると肌の内部まで水分が届きやすくなります。
保湿クリームを塗った後はしっかりと中に塗り込みます。

肌にしっかり塗り込めば保湿クリームを塗った後のべたつきも抑えられるので、試してみてください。
朝はその後に化粧をする人も居るので、さくらんぼ1個分にし、夜はしっかりとケアをするためにさくらんぼ2個分とってしっかりと塗り込むといいでしょう。
オールインワンジェルを使用している人も居ますが、オールインワンジェルは手軽で便利ですが、内部まで水分が行き届かないこともあります。
状況によってパックをした後に使ったり、気になる人は化粧水を使用してからオールインワンジェルと使用すると乾燥対策になるのでおすすめです。