うるおいたっぷりのハリのあるお肌に!乾燥知らずのお肌になれる保湿クリーム!

保湿クリームは赤ちゃんでも使える?

保湿クリームは赤ちゃんでも使える?冬の乾燥する時期

大人だけではなく赤ちゃんのお肌の乾燥も気になります

顔が乾燥して粉をふいていたり、赤くなってしまったりと赤ちゃんのお肌は大人よりも非常にデリケートです。

乾燥対策として加湿空気清浄機を使用したり、保湿クリームを塗ってケアをするかと思います。

 

この保湿クリーム、果たして赤ちゃんに使用しても平気なのでしょうか?

 

 

赤ちゃんにこそ保湿は大切

赤ちゃんのお肌は大人よりも非常にうすく、乾燥や外部からの刺激ですぐに肌トラブルを起こしてしまいます

赤ちゃんはお腹にいるときは羊水で守られたり、胎脂と言われる脂で乾燥から守られています。
また生まれてすぐは皮脂の分泌が盛んなので乾燥はしにくいと言われています。

 

ところが生後2か月から3カ月頃になりますと、今まで盛んだった皮脂の分泌が収まり、それまで保っていた肌の水分量も落ちる為乾燥しやすい状態になります。
赤ちゃんのお肌は乾燥するとすぐに荒れてしまうので、普段の生活の中でお肌の水分を奪わない事、しっかり保湿をする事を心掛けなければいけません。

 

◆肌の水分を奪う原因は主に入浴

入浴ではお肌が本来持っている保湿成分を奪います。
乾燥した肌はバリア機能が低下してしまい、肌荒れが起こりやすい状態になります。

まず洗う時はふわふわの泡で撫でるようにやさしく洗うのが鉄則です。
そして肌を洗いすぎないことも大切です。

特に大人が使用するような洗浄力の高い石鹸やボディソープは必要以上に水分や皮脂を奪います。

赤ちゃん専用のソープはマイルドな洗浄力に加えて無添加で肌に優しいものが多いです。
赤ちゃんのデリケートな肌には無添加で優しいソープを選びましょう。

 

★ここが重要ですが、お風呂から上がったら3分以内に保湿クリームを塗る事です。
大人も同様ですが、お風呂上りは急激にお肌の水分が失われ、乾燥しやすい状態です。
乾燥が進むと痒みの原因にもなるので、3分以内に潤いを補給します

 

★ここで気を付けたいのは大人と同様の保湿クリームはやめましょう

保存料や香料に着色料などはデリケートな赤ちゃんの肌には刺激が強すぎてかぶれてしまいます。
赤ちゃん専用保湿クリームかワセリンで優しく顔や体など全身しっかり塗ります。

部屋の湿度を保つことも肌が乾燥しないためのポイントです。

空気が乾燥すると赤ちゃんの潤った肌から容赦なく水分が減っていきます。

 

冬は暖房夏はエアコンが空気が乾燥する原因になるので、

季節関係なくお部屋の湿度は50パーセントから60パーセントに保つように心がけましょう。

 

 

乾燥に負けない肌作りをしましょう

赤ちゃんの体の多くは水分が占めています
そのため大人よりもお肌が弱く乾燥しやすいのが特徴です。

保湿クリームは朝晩の2回しっかり塗り込むことでお肌の潤いを保つことが出来ます。
保湿クリームだけではなく、しっかり水分を飲ませるなど内側からの乾燥対策も必要です。

 

★特に暑い夏や乾燥する冬は積極的に水分を飲ませるようにしてください。

★ミカンやいちごなど水分の多い果物を与えても良いでしょう。

★ジュースは糖分が多いのでできれば避けて赤ちゃん用のほうじ茶か麦茶、白湯がおすすめです。

 

市販のものでは荒れてしまうという人は皮膚科か小児科を受診すると保湿クリームを処方してくれるので一度相談をしてみましょう。

 

受診する際は今まで使用していた保湿クリームを忘れずに医師に診せるようにしてください。

保湿をしっかりした肌はバリア機能が高く、外部からの刺激にも強い肌を育てることが出来ます。

 

 

お風呂上りは特に水分が奪われやすいので、

3分以内の保湿を出来るだけ心がけ

しっとり柔らかい御肌を保つようにしてください